遺品の着物の引き取り手がなく処分に困ったら

遺品の着物の引き取り手がなく処分に困ったら

着物というのは洋服と違って、サイズの合う合わないが少ない衣服であるため誰かが着ていたものをそのまま譲り受けて着ることは難しいものではありません。
更に着物は長持ちするものでも有りますから、代々受け継いでいくことができるようなのでも有ります。

 

しかし、問題としては今の時代は着る人の数が少ないのでそのような着物が手元に渡ってきても、着る機会がないので持て余してしまうというケースが多いということです。
このようなことが起こる時というのは、遺品で着物が出てきたというケースが多く親族誰も着物を着ないので宙に浮いてしまうことは珍しくありません。
誰も着ない場合残しておいても仕方ありませんから、そのまま捨ててしまうという人もいることでしょうが捨ててしまうぐらいであれば、買取に出してしまったほうが良いでしょう。

 

着物は高価なものも少なくないため、古いものであっても値段がつくことは少なくありません。
遺品を売却するというのは躊躇ってしまうことかもしれませんが、故人が大事にしていたものを廃棄処分してしまうよりは再びどこかで着てくれる人の手に渡ったほうが着物にとっても故人にとってもいいものですから、売却を検討するのも悪いものではないのです。